洗顔でニキビがなくなるとは思えない?

数年前まで、私はおでこに沢山のニキビが出てしまいあまりにも酷い状態でとても人には見せられなかったので、ためらわずに専門科に相談することにしました。
ドクターからは、「まずはにきび薬を出しておきますので、少しの間はこれを試してみましょう。
草花木果どくだみの洗顔石鹸もかなり効果ありますからね!! 」と言われて痒みを抑える働きもある薬をもらいました。
とは言え実際に使ってみると治りやすく効果を実感しましたが、とても強い薬のため肌にかかる負担も大きく、肌の調子を見ながらニキビが改善しているようであれば、塗る量を少しにしていかないと危ないかもしれません。
日頃から顔を洗って綺麗にしていても、ニキビが防げないことは皆に経験があることと思われます。
ニキビを防ぐには、清潔にするため洗顔などに気を配るのはもちろんですが、偏りのない食事や質の良い睡眠といった健康管理も大切だと思います。
ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20代以上になるとニキビという言葉は使わないなんて言う人もいます。
先日、何年ぶりかで鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、バカにされてしまいました。
近頃ではプロアクティブや草花木果どくだみなどでのニキビケアのためのクリームや乳液等、明らかにニキビ対策用だと分るデザインの物が、お店に沢山並んでいるのをよく見かけます。
でも、種類が多すぎて一つに絞るだけでも時間がかかり自分自身に合ったものを一つだけ選ぶというのは、至難の業ですので、何個か使ってみるというのも方法です。
無料で試せるサンプルがついてる物であれば、どのような商品なのかを確かめる為にも肌に塗ってみて、不快感を感じることなく、合っているなと思えば買うというのが、一番後悔しない方法です。