最安値の光プロバイダーを探せ!

最安値でお得で便利な光プロバイダー探しをしてみます。

戸建で最安値の光プロバイダは?

インターネットがずいぶんと一般的なツールとして広まってきましたが、戸建の場合、どうしてもマンションなどの集合住宅に比べて料金が高めに設定されています。

これは集合住宅の方が回線端末を相対的に多く確保できるためであり、インターネットに関して言えば、戸建は優遇されているとはいえません。

そうであるからこそ、いったいどこのプロバイダが一番安いのだろうかということに関心が向くのだと思います。

端的に言ってしまえば、戸建で最安値のプロバイダはADSLをご利用の方はBBexcite、光回線をお使いの方はSo-netでしょう。

ただ、いろいろと気をつけてください。

というのも、何をもって最安値というかが、プロバイダの場合なかなか明確に示しにくいからです。

参考までにここで最安値として示した基準は、月額あたりの基本使用料です。

プロバイダを利用している方ならご存知かと思いますが、月々に支払う料金は基本使用料だけではありません。

タイプによっては一定の時間を過ぎたところから上乗せ料金がかかることもありますし、また様々なオプションサービスを利用することで、そのサービス料がかかることもあります。

また、キャンペーン中であれば逆にさまざまな割引サービスを受けることも可能です。

以上のようなことを考え合わせると、やはり何もって最安値というか、基準があいまいになりかねません。

便宜上ここでは月当たりの基本使用料を基準にしましたが、どうぞその点に関してはご理解いただきたいと思います。

マンションで最安値の光プロバイダは?

先日友人に「マンションで最安値 光プロバイダーってどこ?」と問われ、さてさてどこが一番安いのかということを考えてみました。

しかし、この質問への解答はなかなかむずかしいと思います。

というのも、プロバイダに支払う料金は一律ではないからです。

どういうことかといえば、たとえばプロバイダが用意しているタイプによっても料金は変わってくるし、また各種オプションサービスを利用することでまた料金がかわってくることもあるわけです。

いろんなことを包含してしまうと、どうしてもあいまいなことしか言えない。

そこで、月当たりの基本使用料に基準をおいて考えてみたいと思います。

あらためてこの価格が実質的な数字に反映されるわけではないということを断わっておきますが、きっとプロバイダ選びの参考にはなるでしょう。

端的に言ってしまえば、もっとも安いのはBBexciteだと思います。

これは東日本でも西日本でも変わらない。

まず東日本の場合、月当たりにかかる料金は525円。

つぎに西日本ですが同じく月当たりにかかる料金は819円です。

どちらも安いですね。

もう一つ、断わっておきます。

最安値のプロバイダという設定での検証ですので、文字通りもっとも安いプロバイダを提示しましたが、プロバイダが提供している回線はいくつか種類があります。

最近の主流は光回線とADSLの二つでしょう。

そのうち、どうしてもADSLの方が光回線に比べ安いのが現状です。

ですので、上にあげた料金はもちろんADSL回線を利用時のものです。

どうぞ、お間違えのないように。

contents

HOME

プロバイダーキャンペーン

最安値のプロバイダー

pagetop

Copyright(c)最安値の光プロバイダーを探せ!. All rights reserved.